自動車業界のCMランキング(2021年7月クール)
13社中、個人全体・自動車購入意向者の1位はともにSUBARU

掲載日:2021年11月22日

 TVISION INSIGHTS株式会社(以下TVISION)は、2021年6月28日から10月3日、すなわち2021年7月クールに放映されたテレビCMから、TVISION独自の指標「アテンション含有率」での自動車カテゴリーのランキングを集計いたしました。

※アテンション含有率:視聴者のうちの、テレビ画面注視者の割合をさします。
 テレビが点いているときに、視聴者がどれくらい注目しているかを表します。

【個人全体】テレビCM アテンション含有率ランキング

 13社中個人全体の1位は『SUBARU』、2位は『ダイハツ工業』、3位は『フォルクスワーゲングループジャパン』でした。1位の『SUBARU』は、個人全体の平均値(図中:グレーの棒グラフが業界ノーム値)と比較しても、視聴者によく注目されていたことがわかります。
 図中で青いラインが引いてある企業は、後述する「自動車購入意向者層」でのランキングと大きく順位が違う企業です。個人全体では3位だった『フォルクスワーゲングループジャパン』のCMは、自動車購入意向者層では9位となりました。

【自動車購入意向者層】テレビCM アテンション含有率ランキング

 このランキングは、TVISIONが定期的に実施している、調査パネルへのアンケートにて「自動車購入の意思がある」と答えた方(自動車購入意向者)のランキングです。
 個人全体と比べると、全体的にアテンション含有率がわずかに高くなっており、自動車購入意向者の方が自動車のCMをよく見ているといえます。
 個人全体と同様、1位は『SUBARU』となりました。2位は『メルセデスベンツ日本』、3位は『本田技研工業』がランクインしました。 2位の『メルセデスベンツ日本』は、個人全体では10位となり、自動車購入意向者との違いが見られました。