9月 テレビCMランキング発表 個人全体、男性、女性の1位は、新生フィナンシャル レイクALSA「番台」篇

掲載日:2021年10月18日

 ご家庭に人体認識技術を搭載した機器を設置し、テレビスクリーンの「視られている量」を測るTVISION INSIGHTS株式会社(所在地 :東京都千代田区、代表取締役社長 郡谷 康士、以下TVISION)は、2021年9月1日から9月30日に放映されたテレビCMからTVISION独自の指標「Cスコア」でのランキングを集計いたしましたので、発表いたします。

個人全体・コア視聴層 テレビCM CスコアランキングTOP3

 個人全体の1位は、新生フィナンシャル レイクALSA「番台」篇となりました。滝藤賢一さんが先輩社員、三宅亮輔さんが新入社員を演じているコミカルなCMです。2位は日産自動車 日産 アリア limited「やっちゃえ マスカレード・ナイト」篇、3位は、UQ コミュニケーションズ UQ mobile「UQUEEN 登場」篇となりました。

 コア視聴層の1位は、日産自動車 日産 アリア limited「やっちゃえ マスカレード・ナイト」篇となりました。木村拓哉さん主演のマスカレード・ナイトと、日産が異色のタッグを組み、注目度が高まったと推測されます。2位は UQ コミュニケーションズ UQ mobile「UQUEEN 登場」篇、新生フィナンシャル レイクALSA「番台」篇となりました。

 また2021年9月は、パラリンピック開催によって全体のテレビ視聴時間が上昇しているため、Cスコアの数値も全体的に上昇するという特徴が見られました。

男性・女性 テレビCM CスコアランキングTOP3

 男性の1位は、新生フィナンシャル レイクALSA「番台」篇、女性の1位も新生フィナンシャル レイクALSA「番台」篇となりました。男性の3位にNetflix NETFLIX「夏と秋の間ですね」篇がランクインしました。その他は、個人全体、コア視聴層にランクインしたCMがTOP3に入る形となりました。

今回使用した指標

Cスコア(クリエイティブ・スコア)とは?

※Cスコアは平均値が100です。例えば、Cスコアが150のクリエイティブAと100のクリエイティブBがあったとき、放送された時間枠の影響を除くと、クリエイティブAはクリエイティブBの1.5倍注視されたと評価できます。