さまざまなビジネスKPIとアテンションの関係を分析。テレビCMのアテンションを高めるメリットとは?

掲載日:2021/6/14

資料の一部をご紹介します

  TVISION INSIGHTS株式会社(以下、TVISION)は、誰がテレビを見ていたのかという本当のリーチ、アテンションを世界で唯一取得しクライアントの皆様にご提供しています。テレビCMを含むマーケティング施策は、ターゲットとするビジネスKPIの向上を狙って実施されることが一般的です。ビジネスKPIは認知や想起などのサーベイによる意識系のデータや、ウェブでの検索数、アプリのインストールやアクティベーション、さらには売上やシェアなど、時期、商材などに応じて、個別に設定されることがほとんどです。

  本ペーパーでは、ビジネスKPIとTVISIONがご提供するアテンションがどのような関係にあるのか、テレビCMのアテンションを高めることがどうビジネスKPIに寄与するのかなど、TVISIONが今まで蓄積してきた分析事例をご紹介します。

目次

  • はじめに
  • 事例: テレビCM認知度や想起率とアテンションの関係
  • 事例: クライアントの様々なKPIとアテンションとの関係
  • おわりに

  TVISIONでは、人体認識技術を搭載した機器を調査世帯のご家庭に設定し、テレビの前に誰がいるのか、ちゃんとテレビを見ているのかという、アテンションデータを取得しています。調査参加者に機器等を操作してもらうことなく、24時間365日自然な視聴態度をデータとして蓄積しているのが特徴で、テレビ視聴の「本当のリーチ」を測るデータとしてクライアントの皆様にご提供しています。

  テレビ広告を含むマーケティング施策の目的はさまざまですが、あらかじめ設定したビジネス上のKPIを向上させるために行われることが一般的です。具体的には、ターゲットセグメントに対する自社商材やサービスの認知や想起の獲得、アプリのインストールやアクティベーション、さらには来店客数や販売個数など消費者の行動変容を目的としたさまざまなKPIが考えられます。   そのようにして設定されたビジネスKPIとテレビCMがどのような関係にあるのかは、データによる計測、収集が難しかったこともあり、必ずしも詳細に分析されてきたとは言えません。デジタル広告では、出稿がどのようにKPIを向上させたかという分析が行われており、テレビ広告を同じようなアプローチで分析したいという声が高まっています。特に、TVISIONが取得するアテンションはテレビ関連データのなかで、最も視聴者の行動に近い指標として、ビジネスKPIを説明できるのではと・・・

続きは資料ダウンロードで

資料ダウンロード申し込みフォーム

    目次
    閉じる