Telescopeにメディアレビュー機能を追加しました!
自社競合テレビCMの出稿状況がワンクリックですぐに把握できます

掲載日:2021年6月22日

  TVISION INSIGHTS株式会社(以下TVISION)は、TVISIONが提供するマーケターやブランドマネージャーのための、テレビデータへのエントリーツールTelescopeに、新たにメディアレビュー機能が搭載されたことをお知らせ致します。この機能を使うと、テレビの本当のリーチ、アテンションの獲得状況がわかるだけでなく、アテンションを最大化するためにどのようなアクションを取ればいいかもわかります。自社CMだけではなく競合他社のCM出稿状況とその見られ方など、難しかったテレビCMのメディアレビューが簡単にできます。

新機能 「メディアレビュー」の内容

  今回追加されたメディアレビュー機能によって、アテンション指標によるキャンペーン実績値を評価し、さらに放送局別、時間帯別に深堀りしてご覧頂けるようになりました。具体的には、出稿したCMがタイム・スポットにおいて競合他社、業界平均、全CM平均に対して上回っていたか、下回っていたかがわかります。また、放送局単位・時間帯別・番組別でクリアに評価できます。競合他社の出稿戦略も確認可能です。放送局、時間帯別のパフォーマンスは見やすいヒートマップ形式になっています。

メディアレビューが提供できる価値                        

①自社のCM出稿効率を知る

画面例
  • 推定GRP(延べ世帯視聴率)、A-TARP(注視の総量)、アテンション含有率(出稿量に対する注視の割合)等、様々な指標の数字で実態を把握できます。
  • 競合他社、業界平均、全CM平均を比較対象とすることができ、差が一目でわかる設計になっています。
  • 局シェアや時間帯シェアを変えてスポットを実施したとき、前回のスポットからどれくらい改善したのか悪化したのかクリアに評価できます。

②出稿したCMの枠がどのように見られていたかを知る

画面例
  • 自社の各放送局での出稿が時間帯×曜日ごとにどうであったかGRP単位、放送回単位双方で把握できます。
  • 自社の各放送局での出稿が時間帯×曜日ごとにどう見られていたかアテンション指標で把握できます。
  • 1時間単位を選択し、該当時間にカーソルを当てると主な番組名をすぐに確認できます。
  • ヒートマップ形式なので、視覚的にすぐに見られた局や時間を把握できます。

③競合他社の出稿状況を知る

  • ①と②について、競合他社の状況も把握できます。
  • 競合に勝っている、もしくは負けている理由がスポットなのかタイムなのかクリアになり、てこ入れする箇所が明確になります。

④全CMノームが搭載されている

  • 自社が出稿していなかった枠でも、よく見られたかどうかを把握できるため、次回バイイングの選択肢が広がります。
  • 季節性や、今のテレビの見られ方がわかります。
  • カテゴリー別だと該当の週や月に大量出稿するブランドの影響を受けてしまいますが、全体CMノームは安定しているため、目標設定がしやすくなります。

今後のアップデート方針

「Telescope」はクライアントの皆様の声を頂戴しながら、アップデートを重ねていきます。現在のところ、下記のようなアップデートを行っていく計画です。

  • 出稿した番組の中でどの番組が一番よく見られていたのかをランキング形式で表示する機能
  • プランニング機能(もっと効率の良いCMバイイングをするためのアドバイス)

詳細が決まりましたら、随時お知らせしてまいります。

「Telescope」概要

「Telescope」はTVISIONが提供するブランドポジションをトラッキングするためのBIツールで、テレビデータへのエントリーツールとして、主にマーケター/ブランドマネージャーの皆様にお使い頂いております。今回追加したメディアレビュー機能の他に、月次・週次でのトラッキングやクリエイティブ分析が可能です

<本件に関する問い合わせ先>
TVISION INSIGHTS株式会社 広報担当 佐野、峯島
東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル6階
E-mail   info@tvisioninsights.com
Tel(担当直通) 050-5472-8861

目次
閉じる