膨大なデータからよく見られるCMの傾向を徹底分析

掲載日:2021/7/29

資料の一部をご紹介します

  TVISION INSIGHTS株式会社(以下、TVISION)は、誰がテレビを見ていたのかという本当のリーチ、アテンションを世界で唯一取得しクライアントの皆様にご提供しています。本ペーパでは、CMのクリエイティブに特化した分析をご紹介します。

どんな波形を描くCMが勝ちパターンなのか?どんな要素が重要なのか?

200本以上のCM動画にメタ情報を付け、よく見られた要素を特定し、特定した要素を分類していくという作業を行い、導き出した分析結果となります。

皆様の日々のCM制作活動においてひとつのヒントとなればうれしく思います。

目次

  • はじめに
  • AI値の高いCMの傾向は?
  • AI値を上げる具体的な要素
  • おわりに

  TVISION INSIGHTS株式会社(以下、TVISION)では、人体認識技術を搭載した機器を調査世帯のご家庭に設定し、テレビの前に誰がいるのか、ちゃんとテレビを見ているのかという、アテンションデータを取得しています。調査参加者に機器等を操作してもらうことなく、24時間365日自然な視聴態度をデータとして蓄積しているのが特徴で、テレビ視聴の「本当のリーチ」を測るデータとしてクライアントの皆様にご提供しています。今回は、誰が見ているのかという指標であるAI値を使って、よく見られるCMの傾向を徹底分析しました。

  ※2020年10月以降はCスコアという指標を使ってクリエイティブ分析を行います

AI値の高いCMの傾向は?

続きは資料ダウンロードで

資料ダウンロード申し込みフォーム