マスターズゴルフ2022、夜中の放送でも注目した年齢層は?

TVISION INSIGHTS株式会社(以下TVISION)は、マスターズゴルフ2022の初日放送が、視聴者にどのように見られたのかを分析しました。

マスターズ第一日、同時間帯に放送された番組と比較

特に男性50歳以上がよく見ていた

マスターズ2022第一日と同時間帯に放送された番組と、注視含有を比較

上図は、「マスターズゴルフ2022第一日」が放送された、4/7の23時56分〜25時25分に重なって放送された番組の見られ方と比較した表です。右の「注視含有」は推定世帯視聴率の中で、特定年齢層が見ていた割合を示し、高いほどよく見られた事がわかります。

他の番組と比べて、マスターズは特にM3層(男性50歳〜)によく見られていたことがわかります。 M2層(男性35〜49歳)が一番見ていた番組はテレビ東京「みんなのスポーツSport for All」で、マスターズと同様スポーツ番組でした。M3層に比べて、マスターズをあまり見ていない結果となりました。

男性50歳以上層が最も熱中して見ていた時間帯は?

『マスターズゴルフ2022第一日』男性50歳以上の1分毎の注目のようす

上図はテレビの前にいる人が、番組を見ていた割合を「注目度」として、番組の1分毎の注目度の推移を表したグラフです。注目度は、視聴者がコンテンツに注目した度合いがわかります。

もっとも注目されたのは、24時57分ごろで、最高注目度は77.6%でした。1年以上ぶりのツアー競技参加となったタイガーウッズに続き、松山が3番ホールで、ドライバーを用いて一打目に挑むシーンでした。

スポーツ番組における、男性50歳以上層の平均注目度は50.3%なので、深夜帯における77.6%は驚異的です。昨年のM-1グランプリの優勝発表の瞬間と同じくらい、熱中して見られていました。

マスターズゴルフ放送中に3回以上流れたCMの中で、よく見られたCMは?

マスターズゴルフ2022では、マスターズゴルフに合わせて制作されたCMを放送したブランドも多く見られました。

その中でも、4日間のプライム2帯(23~26時)で3回以上放送されたCMの中で、下記のCMがよく見られたことがわかります。 上位2CMの「ロレックス」と「楽天GORA」は、ゴルフの番組ということもあり、注目されやすかったのではないでしょうか。

CMについては、全日程を通して各CMがターゲット層にどれくらい見られたかなど、詳細を分析できます。お気軽にお問合せください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる