【速報】 2021年M-1グランプリでの注目シーンは?

掲載日:2021年12月21日

TVISION INSIGHTS株式会社(以下TVISION)は、錦鯉が悲願の優勝を果たした2021年M-1グランプリの注目シーンについて分析致しました。

M-1グランプリ2021 毎分シーン分析

 2001年より日本一の漫才師を決めるコンテストとして始まったM-1グランプリ。一度休止期間がありましたが、2015年に復活してからも毎年12月に行われています。

 優勝者はその後テレビ露出が高くなることから、毎年誰がチャンピオンになるのか注目されている人気番組です。今年は、錦鯉が大会史上最年長のチャンピオンとなりました。そんな今年のM-1グランプリは実際、どのシーンに注目が集まっていたのか、毎分のデータで注目度が高かったシーンを表にしました。

 やはり一番注目されたシーンは、錦鯉が悲願の優勝を決めたシーンでした。全体を通して高い注目度が維持されておりましたが、優勝以外で高かったシーンは、敗者復活が決まったとき、ファーストラウンドで高得点を獲得したコンビのネタや得点発表シーン、優勝した錦鯉のネタのクライマックスなどがありました。TVISION推定の世帯視聴率も番組の後半にかけてあがっていき、番組の盛り上がりが伺える結果になりました。

※注目度とは?
TVISION独自の指標で、テレビの前にいる人のうち、テレビ画面に視線を向けていた人の割合です。テレビのコンテンツに、注目している度合いがわかります。

  • URLをコピーしました!