従来の視聴データではわからない、視られた量とビジネスKPIの関係

この資料でわかること、資料の概要

  • テレビCMの認知度・想起率などと「テレビCMに目線が向けられた」事の関係
  • マーケティングにおけるKPIと「テレビCMが視られた」ことの関係

テレビCMを含むマーケティング施策は、ターゲットとするビジネスKPIの向上を狙って実施されることが一般的です。ビジネスKPIは認知や想起などのサーベイによる意識系のデータや、ウェブでの検索数、アプリのインストールやアクティベーション、さらには売上やシェアなど、時期、商材などに応じて、個別に設定されることがほとんどです。

本ペーパーでは、皆様が定めるビジネスKPIと、TVISIONがご提供する「テレビ画面を見た=視られた」量のデータがどのような関係にあるのか、テレビCMが視られる量を高めることがどうビジネスKPIに寄与するのかなど、TVISIONが今まで蓄積してきた分析事例をご紹介します。

※「視られた量」データ:ご家庭のテレビにカメラセンサーを設置。テレビに顔が向いているか、24時間365日計測して、自然な視聴態勢のデータです。

こんな方にオススメ

  • テレビCMを実施しているが、効果的な結果測定・分析にお悩みの方
  • テレビCMの結果と自社KPIの紐づけに課題を感じられている方
  • 社内・ステークホルダーへのテレビCMの効果説明にお悩みの方

資料ダウンロード申し込みフォーム

    • URLをコピーしました!